女子は知らない?男性が好きな「AV興奮ジャンル」8パターン

男性の好きなAVジャンルとして見えてくるのは「羞恥心」や「非日常」では無いでしょうか。

旦那にも気持ちよくなってもらう積極性は必要ですが

痴女のように羞恥心やオバサンのように女性らしさを捨てない事も大切ですね。

1.マジックミラーもの「車のウィンドウから覗かる」感じが好き

「外では普通に人が歩いているのにエッチしてる、羞恥心がドキドキ!」エッチにスリルと女性への羞恥心に興奮する男性が多いようです。さすがに街中でカーセックスをするのはリスクが大きすぎるし警察にお世話になる事に。

男性は女性の羞恥心に興奮する傾向がありますね。

2.「痴漢モノ」電車の中での強引に!

「やってはいけないことだからこそ興味がわいてしまう」というように、レイプモノのカテゴリーとして現実では許されない行為だからこそ、AVで性的好奇心を満たす男性もいるようです。エッチをするときに彼が服の上から胸を揉んできたら、「いや…やめてください…」などと言って、痴漢プレイを楽しんでみるのもいいかもしれません。

ちょっと、演技的な「抵抗」をしてみも刺激を感じるかもしれません。

3.「和服モノ」奥ゆかしい大和撫子的な女性をめちゃくちゃにしたい。

「はだけた胸元とかうなじは、エロスの塊だと思います」など、現代ではあまり着ることがない和服でのエッチを夢見る男性がいるようです。浴衣を着てお祭りデートなどをした後、そのままの姿でエッチをすれば彼の心が満たされるかもしれません。

色気ですね。重要なのは、ここでも恥じらいでしょう。

4.「近親相姦モノ」禁断のエッチにドキドキする

「姉や妹がいないからこそ憧れるんです」というように、「親戚のお姉さんなんかも、、、」という現実では難しいところで妄想しているようです。
実は「母親」が性的対象の人もいるみたいで「赤ちゃんプレイ」のように甘えたい男性もいるようです。
「お兄ちゃん」、「○○ちゃん」と呼ぶなど、「きょうだい」「おやこ」を演じてエッチしてみるといいかもしれません。

アニメでも萌え系の可愛い妹モノがジャンルとして定着しています。

5.「SMプレイ・モノ」従順な女の子をいじめる

「なんでも言うことを聞かせてみたい」など、どんなことをしても従う女性に惹かれる男性であったり、その逆もあるで支配欲、被支配欲などもあるようですね。痴女的な要素もあるので難易度は高めのジャンルです。ただ、SMにはエスカレートすると危険なプレイもあり、複数人でのプレイ等、無理な要求をしてきたら真顔で拒否するようにしたほうがいいのではないでしょうか。

ちょっと、危険な香りがするジャンルですね。

今になって旦那の性的趣向に気づくかも。

6.「マッサージ・モノ」徐々にエッチな雰囲気になる

「だんだん女の子の息が荒くなっていくところに興奮する」かもしれません。
少しずつその気になっていく女性を見るのが好きな男性もいるようです。お風呂上がりに「ちょっとボディークリーム塗ってくれる?」などと頼んで、ちょっとエッチな声で出しつつ、恥ずかしさの演出も重要です。
ちょっと部屋の明かりを暗めにするとより効果的。

アダルトビデオ等でエッチな声の出し方の研究をしてみ下さい。

7.「女子高生もの」嘘だとわかっていてもシチュエーションに興奮する

「制服姿ってだけで胸が高鳴ります」というように、まだ初々しい羞恥心をもった若い子高校生とのエッチを夢見ている男性がいるようです。少しロリコンの毛があるかもしれません。実家の押し入れの引き出しに昔の制服がしまってありませんか。旦那のYシャツと短いスカート、年代によりますがルーズソックスでも、、女子高生っぽさを演出することができるかもしれません。

ドンキホーテでは、色々はコスプレ衣装がお手頃価格で売ってます。

8.「アニメコスプレ・モノ」好きな作品の裏側の世界を体感できる気がする

「『あなたもアニメの主人公』とか想像するのも楽しい(笑)」と、アニメ作品のキャラになりきりエッチがしたいと望む男性もいるようです。アニメだけでなく、女教師、女医等のコスプレの王道を目指しシチュエーションを大切にキャラクターを事前に研究し、完成度を高めるようにしたほうがいいかもしれません。

アニメ・コスプレも日本文化として定着しているので、一番無理がなくできるかもしれません。

重要なのは日常とは違うシチュエーションを喚起させ、違う女性を演出できるかでしょう。

また、こっそり旦那が好きなAV傾向を覗いちゃいましょう。
最近はAVはネットで見るのが一般的ですので、動画閲覧履歴から。


おすすめ記事