乳首もアソコも28日でピンクにする方法

女性ならば一度は美白クリームを手に取った事があるでしょうが、医薬品として美容クリニック等で使用されている美白クリームの存在はご存知でしょうか。

ユークロマプラスという美白専用クリームは化学的にお肌の黒ずみを新陳代謝を活性化し漂白してしまう効能があります。

乳首やアソコの漂白にも使用しており、良心的な美容クリニックでは高額な機器治療前に処方される医学的根拠のあるクリームです。

ユークロマプラスは「ハイドロキノン」「トレンチノイン」がバランスよく配合された乳首、アソコに優しいクリームです。

ピンクの乳首とアソコに有効なユークロマプラスとは?

ユークロマプラス使用例(提供)

ユークロマプラスの成分は「トレンチノイン」と「ハイドロキノン」で構成されています。
薬効は少し強めですので炎症や痒みを抑える成分「モメタゾンフランカルボン酸」が添加されている優れものです。

ユークロマプラス成分の効果

成分も強すぎず、弱すぎずお肌に優しいクリームです。

成分名配合量作用
ハイドロキノン4% シミの生成を抑える(市販品でも入手可能)
トレチノイン0.025%シミの角質を除去(医薬成分)
モメタゾンフランカルボン酸 0.1%炎症、痒みを抑える

ユークロマプラスの「トレンチノイン」の効果

トレンチノインは、ターンオーバ(皮膚の代謝)を促進させることで黒ずんだ皮膚の脱色素効果があります。

トレンチノインは、ターンオーバ(皮膚の代謝)を促進させることで黒ずんだ皮膚の脱色素効果があります。

ターンオーバーは4週間周期ですので、ユークロマプラスを使用すれば半分の期間の2週間程度で表皮が入れ替わります。

多めに見ても2サイクルの4週間あれば黒ずんだ皮膚の除去が見えてくるでしょう。

ユークロマプラスの「トレンチノイン」は皮膚に対してコラーゲンを生産するように促すこともしますので「シワ」などの改善効果もあります。

しわくちゃな乳首でも効果が期待できます。

ユークロマプラスの「ハイドロキノン」の効果

日光に当たらない箇所でもホルモンの影響にるメラニンが多く分泌されたり、下着で擦れによる色素沈着で黒ずんでしまいます。
ユークロマプラスの「ハイドロキノン」効果はお肌を漂白する効果があります。

基本的にはシミや黒ずみの原因は「メラニン」が影響しており、メラニンが多いほど肌は黒くなります。
*肌を黒くする事で太陽光からの皮膚を保護する働きがあると言われています。

ハイドロキノンは、このメラニンの生成を抑制する事が出来るので、ターンオーバによる新し皮膚にはメラニンによる影響が受けにくくなります。

メラニンの生成を抑えてくれるので自然とお肌が本来のピンク色に戻って来てくれます。

このように「ハイドロキノン」は皮膚の漂白剤とう異名をも待ちます。

ユーロクマプラスには「ハイドロキノン」と「トレンチノイン」がバランスよく配合され、肌に優しく美白効果を発揮してくれます。

ユークロマプラスの副作用や注意する点

ユークロマプラスのハイドロキノンは一般的な化粧品にも使われていますので、それほど心配はありません。
ですが、トレンチノインの濃度は0.025%と低濃度ではありますが、作用が強い成分ですのでお肌が敏感の方は初めは刺激を感じ場合もあるようです。
また、乳首に使用すると紅くなったり、皮膚が赤のようにボロボロはがれる事もあり。特に塗り初めの頃は、この反応が強くでるようです。

敏感になるので痛みを感じるかもしれませんので、旦那には注意を促してください。

ユークロマプラスのトレンチノインの成分は低濃度(0.025%)になっています。製品によっては高濃度(0.4%)程度の製品がありますが、乳首やアソコへの使用の場合は高濃度ですと刺激で真っ赤になり耐え切れない可能性が高いです。

デリケートゾーンに使用する場合はユークロマプラスの成分濃度が最適です。
もし、作用を強く感じる場合は、先に乳液や化粧水を使用してからユークロマプラスをご利用すると良いです。

おすすめ記事